バルト海地域の料理

フード&ドリンク

フィンランド、エストニア、ラトビアの食べ物はクリーンな環境のもとで作られたナチュラルな原料からできています。春と夏の食事は葉野菜、乳製品、季節の魚類、グリルした肉、森で採れたベリーとキノコなどの軽いものが多いのが特徴です。寒い季節の食事は、肉料理に野菜と穀物を添えたもの、発酵させたりピクルスにした野菜などが多くなります。

食事は一般的に、朝食、昼食、夕食と1日に3食です。食事の合間に、お茶やコーヒーと小さなスナックの休憩をとることがあります。最もメインとなる食事は昼食で、様々な種類のスープ、メインディッシュ、デザートが付いています。種類豊富なパンも常にテーブルに置かれます。

田園地方のパブでは、高カロリーで1皿分の量は多く、よりシンプルな料理が提供されます。レストランでは1皿分の量は少なめですが、質が重視されています。シェフは洗練された味の組み合わせを作り出し、新鮮な季節ごとの地元の食材を使用した特別な料理で顧客を楽しませます。