田園のプログラム

田園のプログラム

ここでは、団体旅行者または個人旅行者向けのツアーに組み込むことができる田舎の体験型プログラムをご紹介します。この短期プログラムには、寄り道型プログラムと半日・1日プログラムがあります。基本的な旅行プランを変更することなく、スケジュールの時間調節として利用できますし、追加オプションとしてもご利用できます。田舎のホテルでの宿泊付き、または宿泊なしの半日・1日プログラムは、特に郊外での体験に興味をお持ちの個人旅行者の方にお勧めです。それぞれの旅行パッケージには様々なプログラムやアクティビティーが含まれています。

各プログラムの説明では、それぞれの特徴やユニークさを理解してもらえるように詳しく説明しています。プログラムの説明は次の三つの部分に分かれています。

—基本情報では、旅行主催者様の旅行プランにここで提案するプログラムをどのように組み込めるのかが分かるように、プログラム所要時間や移動距離等の基本的な情報について説明しています。

—イントロダクションでは、各プログラムで楽しめるユニークな経験や特徴的な部分について説明しています。

—プログラムの旅程では、全プログラム・パッケージの活動を1つずつ説明しています。

フィンランド

シウンティオの自然と歴史 — カヌー、サイクリング、マナーハウス(Nature & History in Siuntio – Canoeing, Cycling and a Private Manor House)

DESTINATION SETOMAA HISTORIC REGION
デスティネーション セト地方歴史地区

セト地方 - 現代の暮らしの中にある伝統

セト地方(Setomaa)は、エストニアでも最も独特な文化を持つ田園地域の一つです。

エストニアとロシアの国境沿いにあるため、セト地方に暮らすセトの人々は両文化から影響を受けながらも、独自の伝統と価値観を維持しています。特に伝統的な歌唱法セトレーロ(Seto leelo)が有名で、UNESCO無形文化遺産に登録されています。歌唱伝統に加え、セト地方は独自の言語や目を引く色鮮やかな民族衣装、印象的な銀の装飾品、そして郷土料理があります。東方正教会に属しているため、他のエストニア人とは少し異なる通念を持っています。

DESTINATION VANA –VÕROMAA
デスティネーション ヴァナ・ヴォル地方

ヴァナ・ヴォル地方 – スモークサウナの伝統的な文化地域

手つかずの原生林、ハイキングコース、ファーム、サウナ、ヴォル語 - これらは目的地ヴァナ・ヴォル地方(Vana-Võromaa)を特徴づけるキーワードです。

エストニアの最南端の地域は、自然がゲストを驚かせます。エストニアで最も丘陵の多い地域のひとつであるハーニヤ高地(Haanja)、エストニア最高峰のスールムナマギ(Suur Munamägi海抜318 m)、エストニアで最も深い湖であるルーゲ スールヤルヴ(Rõuge Suurjärv)はこの地域にあります。エストニアで最も長い川であるヴハンドゥ川(Võhandu)と、全体的に最も下降している川であるピウサ川(Piusa)がここを蛇行しながら流れています。ピウサ川の川岸には風光明媚な砂岩の露頭があり、そのうちのハルマ マエミネ(Härma Mäemine)の壁はエストニアで最も高いところにあります。

地元の人々は、ユネスコ無形文化遺産のリストに含まれているスモークサウナの伝統を特に誇りにしています。スモークサウナは、古くからの伝統を体験できる素晴らしい方法です。サウナに行く習慣に加えて、サウナ治療や肉の燻製に関する知識、サウナを温める技術、サウナで使えるボディやフェイシャルのケア用品を作る技術、サウナを組立てる技術など、サウナにまつわる豊かでユニークな習慣が残っています。

ヴォル地方の丘と湖には、一年中たくさんの発見があります。

DESTINATION SOOMAA

デスティネーション ソーマー

ソーマー – 古くからの伝統が息づく湿地帯

ソーマー(Soomaa)はエストニアの南西部に位置する景観地区です。エストニア語で「ソーマ」は「泥炭の地」を意味します。この地域は5つのユニークな季節があることで知られていますが、5番目の季節は洪水の季節と言われ、雪解け水や大雨により下層の森林や道路、庭まで浸水します。

ソーマーの歴史は石器時代にまでさかのぼります。この地の魅力は、今でもソーマーで教えられている丸木舟(エストニア語でhaabjas)を作る伝統です。21世紀になってもこのような舟作りの伝統が残っているのは、ヨーロッパでは恐らくソーマーが唯一の場所であり、ここ数十年で丸木舟作りへの関心が高まり、昔ながらの伝統が復活しました。

また、カヌーツアーやスノーシューハイキング、ビーバーを中心とした動物観察ツアーなどに参加することができ、神秘的な“Tori Hell”にも立ち寄ることができます。

エストニアでは、サウナ入浴は人々のアイデンティティーの一部であり、神聖なものとなっています。サウナは常に多くの機能を持った重要な儀式で、非常に実用的であると同時に精神的なものでもあり、アウトドアの旅から戻ったときなどに良いリラクゼーションを提供してくれます。そのため、長いサウナセッションの後には、地元の人々の考えが理解できるようになります。

1993年には、ソーマーの景観の中核となる地域がソーマー国立公園に指定されました。この公園には、広大な原生地域が含まれており、大きな泥炭地と鬱蒼とした森林が、多数の河川とそれらに接する氾濫原によって織り成されています。

 

プロジェクト「Creating attractive rural lifestyle destinations(Rural Lifestyle)」は、欧州連合および欧州地域開発基金の中央バルトプログラムから一部資金提供を受けています。

この出版物は著者の見解を反映したものです。欧州委員会は、ここに掲載されている情報のいかなる利用に対しても責任を負うものではありません。